main

URBAN RESORT

今季はリネン素材や柄物デザインといった
リゾートを感じさせるアイテムがトレンド。

そこにTheoryらしい都会的な雰囲気を加えれば、
街でも映える洗練された着こなしが手に入る。

スタイリスト栃木雅広氏の解説とともに
夏の秀逸コーデをご提案。

リネンをまとった軽やかスタイルは
色数を抑えて大人を意識

半袖シャツとショートパンツで構成する夏の定番スタイルも、素材がリネンとなれば一層軽快なムードが漂う着こなしに。高級リネンを使用した半袖シャツの美しい光沢感と、麻ストレッチのショートパンツのクリーンなドレープ性が、適度に上品な雰囲気もプラスする。「Tシャツも含め、すべてリネン素材なので清涼感のある軽やかなコーディネートが完成します。取り入れる色の数を抑えるのもポイントで、落ち着いた大人の余裕が表現できますよ」。(栃木さん)

シャツ / SMR LN SHRTG IRVING SS / 19,000 Tシャツ / KELTN JERSEY ESSNTIL TEE / 13,000 パンツ / ORGNC CRNCH ZAINE H S / 26,000

半袖シャツは美しい光沢がありながらウォッシュを掛けることで程よいカジュアルさも感じさせる仕上がり。繊維が細いアイリッシュリネン独特のなめらかさやサラリとした肌触りなど、上質素材ならではの快適な着心地も魅力。

幾何学プリントを施したリネンTシャツも涼しげな印象。絵画のようなアート性を感じさせるデザインが程よくアクセントを添え、シャツを脱いだ着こなしもサマになる。

シンプルな着こなしでも
シャツのこだわりディテールが立体感を強調

高級リネンとして有名なアイリッシュリネンのシャツは、プルオーバータイプの胸元とロールアップ仕様の袖周りといったディテールがさりげなく映える。シャツ一枚の着こなしでも奥行きを感じさせ、サイドポケットを配したカーゴパンツとも絶妙にリンク。「ペールピンクの中性的なカラーは、カーキのようなアースカラーを合わせればすんなり溶け込みます。見た目はカジュアルな印象ですがシャツとパンツに光沢感があるので、上品さはしっかりキープできるのです」。(栃木さん)

シャツ / SMR LN SHRTG HOZUR A / 21,000 パンツ / PATTON SANTO / 26,000

インパクトのある開襟シャツは
ネイビーでまとめて大人顔に

トレンドアイテムの中でも柄デザインの開襟シャツは今季取り入れたい大本命。そこに大人のエッセンスを加えて、洗練されたイメージに仕上げるのがTheory流。落ち着き感のあるネイビーを意識した組み合わせなら、リゾートだけでなく都会にも映える着こなしが完成する。「リラックス感のあるシャツをパンツのネイビーで引き締めることで、クリーンな印象がプラスできます。シャツの柄にあしらわれたネイビーともリンクして、まとまりのあるコーディネートを生み出してくれますよ」。(栃木さん)

シャツ / PINAL LINEN DAZE P / 21,000 パンツ / PATTON SANTO / 26,000

ニットパーカーとリネンTシャツで
カジュアルスタイルに品のよさを醸し出す

カジュアルな印象が強いパーカーもニット素材を使った一着なら、どこか上品な雰囲気が漂う。インナーに合わせたリネンTシャツも表面にスラブ感があるため、イエローカラーの主張と合わせて独特の存在感を発揮。「パーカーはエッジを無地にしてシャープに仕上げられているので、トレンドのスポーティーテイストも表現できます。明るめのインナーとパンツを選べばコントラストも効果的。こなれた着こなしが手に入ります」。(栃木さん)

ニット / BREACH GRIMAUD HOOD / 21,000 Tシャツ / STORM LINEN ESSNTIL TEE / 9,000 パンツ / LT IND CT ST TYLR TPR 30 / 28,000
editore
栃木 雅広Masahiro Tochigi

雑誌、広告、WEB、カタログなど数多くの媒体で長きに渡って活躍。トレンドを熟知した繊細なスタイリングに定評があり、ドレスからカジュアルまで幅広いジャンルをこなす。優れた審美眼でTheoryのコーディネートを指南。