Introducing Good Wool

Theory史上最も環境に配慮したコレクション、Good Woolは高品質でトレーサブルなオーストラリア産メリノウールです。
百年の歴史を持つイタリアの紡績工場で最新の省エネ技術を駆使して織り上げられています。
柔らかく、軽量でややストレッチ性のある織地。始まりから終わりまで、心を込めて作られています。

Strong Suits

Good Woolのスーツは、シャープな外観と快適な着心地を実現するカットで仕立てられているため、スリムでありながら決して圧迫感を感じさせません。裏地には生分解性のキュプラ素材、ボタンには再生可能なタグアヤシの実を使用しています。これはTheoryの歴史において、もっとも意義深いイノベーションです。

Shop Now

Get Moving

Good Woolは、極細の最高品質のトレーサブルなオーストラリア産メリノウールです。世界的に有名な、環境保護を重視するイタリアの紡績工場で、程よいストレッチ性を持たせて織り上げ、軽量で通気性の良い美しいウール生地を製造しています。

Shop Now

Straight from the Source

Theoryがウールを仕入れるタスマニアのビューフロント・ファームは、フォン・ビブラ(von Bibra)家が経営する4世代続く牧羊農家です。動物そして地球環境に強い思いを寄せる彼らは、羊の群れを放牧し、エシカル(倫理的)に飼育された羊から極細のメリノウールを生産しています。ファームの生物多様性を育むため、オーナーのジュリアンとアナベル・フォン・ビブラはブッシュ・ヘリテージ、Tasmanian Land Conservancyと提携して環境管理を行っています。現在、フォン・ビブラ家は動物福祉およびケアのトレーニングも提供しています。

From Farm to Fabric イタリアンアルプスのふもとの都市、ビエラにある紡績工場のTollegno(トレーニョ 1900)では、水力タービンとソーラーパネルを使用して自家発電を行っています。ウールの染色や加工には地元アルプスの清冽な水を使い、驚くほどにしなやかで美しい織地を製造しています。

Shop Now