オンラインストア会員限定
着払いで返品OK!
返品送料無料キャンペーン開催中


10月31日(木)までの期間中にご注文の商品のサイズが合わない場合、
着払いにて返品をお受けいたします。
サイズ選びが難しいパンツなど気軽に試せるチャンスです!
ぜひこの機会にお試しください。
なお、オンラインストア会員限定の特典ですので、
会員登録をされた上でご注文ください。


期間:10月9日(水)-10月31日(木)

□期間中にご注文の商品で未使用に限り、送料を弊社負担で返品をお受けします。着払いにてご返送ください。
□オンラインストア会員限定の特典です。会員登録をされた上でご注文ください。
□返品不可と記載のある商品(下着・水着・アクセサリー類など)はキャンペーン対象外となります。
□ご試着はタグが付いたまま、室内にて行ってください。
□ご試着の範囲を超えたダメージ等が認められる場合、返品はお受けいたしかねます。
□返品受付は商品到着後7日以内に限らせていただきます。
□代引き手数料及び一部商品の発送時の送料はご返金対象外とさせていただきます。
□セオリーオンラインストアでご購入の商品の返品は店舗ではお受けしておりません。
□返品カードには返送料お客様負担と記載がありますが、キャンペーン適用の商品は着払いでご返送ください。
□キャンペーン期間中のご返金手続きには、通常よりお時間を頂戴します。
□購入の意思がみられない返品が続いた場合は、弊社の判断によりご注文を停止する場合がございます。


ログイン・会員登録はこちら

台風19号の影響による商品のお届けについて

台風19号の影響にともない、一部の地域で
商品のお届けに遅れが生じております。
また配送日時のご指定をいただきましても、
ご希望通りのお届けができない場合がございます。
お届け先が配達停止地域の場合、解除され次第の
出荷となりますが、時期は未定となります。

お客様にはご不便をおかけしますが、
何卒ご理解賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

なお、詳しい状況につきましては、
下記のヤマト運輸のホームページをご確認ください。

ヤマト運輸ホームページはこちら

返品送料無料キャンペーン | 台風19号の影響について 詳しくはこちら

8年間のNYでの生活が私にギャラリストという仕事を与えてくれました。新しいアーティストと一緒に新しい価値や美しさをつくっていくことにやりがいを感じています。
新しいアーティストと一緒に
新しい価値や美しさをつくっていくことに
やりがいを感じています。

Vol.1 鶴野 ゆか さん

ユカ・ツルノ・ギャラリー

NY市立大学卒業後、広告代理店に勤めるなど、
8年間のニューヨーク生活を過ごし、帰国後に「ユカ・ツルノ・ギャラリー」を設立。
娘の出産をきっかけに、今年の春には産前産後ケア付きの保育園を開園するなど、
アートを通じての社会貢献を形にしている鶴野さん。
アーティストのため、子供たちのため、社会のため......、常に誰かのために貢献できる
自分を貫く鶴野さんの姿から、真の優しさは強さだということが感じ取れます。

「8年間のNY生活が、ギャラリストという仕事を私に与えてくれました。多くのアーティストがスタジオを構える、ブルックリンのウィリアムズバーグのロフトで生活していたんです。隣に住んでいた友達がピリピリしながら制作しているなーなんて思っていたら、次の日にキュレーターが颯爽と入ってきて、しばらくしたら、その友達の作品がコマーシャルギャラリーに展示され、みんなでオープニングレセプション出かける......みたいなことが日常でした。元々、アンディ・ウォーホールやバスキアに代表される60年代のアートシーンへの憧れはありましたが、そんな環境にも背中を押される形で自然とギャラリストを志すようになりました。」

どんな立ち位置で、どんなアーティストと共に歩むか。ギャラリストとしての矜持は、まさに森羅万象といえるが、このNYでの生活を基盤にし、鶴野さんの方向性は2009年のギャラリー設立当初から決して揺るぐことはありませんでした。

「同時代を生きる、新しいアーティストの才能を発掘して、新しい価値や気づき、美しさをつくっていくこと。そこにこそ、アートの面白さがあると考えていますし、自分には向いていると思います。現在は17人のアーティストを取り扱っていて、うち14人は日本人。スタートしたばかりの時からともに歩んできた人たちばかりです。彼らの作品が美術館に展示や収蔵されること、個人コレクターに売れることはなによりの喜びです。」

アートを通じての社会貢献を精力的に、驚くほどの推進力で進めている鶴野さん。これまでもタイのHIV孤児院や児童発達支援施設でのワークショップを開催したり、作品販売を通じた児童虐待防止運動への協力を行ってきました。それに続く形で、3年前、高齢出産にて待望の子供を授かった体験から、今年の春に産科医や弁護士の仲間と立ち上げた社団法人で、産前産後ケア付きの保育園を開園。

「不安な時期を過ごす母や子供たちを笑顔にするために開園しました。10年後には乳児院とアートが融合した素敵な施設ができたらと夢を描いています。元々、NGOの活動にも興味があり、ソーシャルワークの勉強をするためにNYを選んだという経緯もあります。若いときはなにか活動したいと思っても、微力過ぎてボランティアをするのが精一杯。今は、自分にしかできない形で社会貢献ができているのかなと思っています。」

ギャラリストとしての仕事、社会貢献、子育てと目まぐるしい今のライフスタイルを支えてくれているもののひとつがセオリーの洋服。
「ギャラリストとして、やはり上質で流行を取り入れている洋服を着て、人前に立ちたいと思っています。柄ものは作品の邪魔をするのであまり着ません。セオリーはとにかく着心地が良くて、品があって、動きやすい。仕事はもちろん、子供を抱っこして公園に行くオフの日にもぴったりのアイテムがたくさんあって、今では1番の愛用ブランドになりました。」

Photographs by AKEMI KUROSAKA at STUH
Styling: NAO NOMURA
Hair: SHINTARO HANDO at MAKE MY DAY
Makeup: YOKO MINAMI
Cooperation: YUKA TSURUNO GALLERY
Realization: KAORI WATANABE at FW

Yuka Tsuruno

Gallerist

着心地がよく、品があって、シンプル。
セオリーには人前に立つギャラリストの装いとして
最適なアイテムがたくさん揃うので、愛用しています。
───── 鶴野 ゆか

  • お守り

    日枝神社のこども守りは、常に持ち歩いているもの。娘とお揃いなんです。ほっこりと可愛らしい絵柄に和む。

  • アトマイザー

    母からのプレゼント。サンタマリア ノヴェッラの香水を入れて、バッグに忍ばせています。

  • 時計

    父が亡くなったとき、形見代わりに購入した時計。起業家として働く背中を見せてくれた父を想い、お守りとしていつも身につけているんです。

Photographs by AKEMI KUROSAKA at STUH
Styling: NAO NOMURA
Hair: SHINTARO HANDO at MAKE MY DAY
Makeup: YOKO MINAMI
Cooperation: YUKA TSURUNO GALLERY
Realization: KAORI WATANABE at FW